円すい型(Conic Type)ドリップバッグのメリット

一般的な四角い箱型のものに比べて抽出の加減をコントロールしやすくなっていて、コーヒーの持つおいしい部分をより引き立てることが出来ます

円すい型にすることでコーヒー粉の層が厚くなり、注いだお湯が下部一点に向かって流れるので、安定した抽出につながります
また上部が大きく開くので、お湯を注ぎやすいのもおススメするポイントです

カップにセットした状態でも、粉の入ったフィルターが抽出されたコーヒーに浸かりにくい高さになるようデザインされています
箱型の場合、粉全体がお湯に浸かっている時間が長くなり味が濃くなり過ぎたり、雑味成分まで溶け出してしまったりという失敗が起こりがちです
また、バッグを外してみたら意外と出来上がったコーヒーの量が少なかったということも...

円すいは型はお湯に雑味が溶け出す前に比較的早く透過し、また高さがあるのでカップに溜まっていく量も見やすいです

このように専用の道具いらずで手軽に、本格ハンドドリップの面白さも味わって頂けます

使用手順①

上部を持って振り、粉を下に寄せます

使用手順②

Aのキリトリ線に沿って上部を切り離します

dripbag_conictype4

使用手順③ ポイント!

上部を持って左右に開きます

Bの側面部分が自然と千切れていくので、最後まで大きく開いて下さい
粉がこぼれないようにゆっくりと

dripbag_conictype5

使用手順④

Cの部分を押し込んでフィルターがきれいな円すい型になるようにします

茶色の厚紙から、突起の付いたスタンド部分を4箇所開いていきます。カップの淵にしっかり引っ掛けて固定出来たらセット完了です

あとはハンドドリップと同じ要領です
お湯の温度、量、時間といったポイントを目安にお好みに調整してみて下さい
基本として1杯分は粉の量が少な目なので、お湯は細くゆっくり注ぎコーヒーエキスが溶け出す時間を与えてあげましょう

タイトル画像
  • ソマコーヒー キョウト
    Soma Coffee Kyoto - 杣珈琲 京都 -
  • mail@somacoffee.net
  • *イベント出店専門で固定店舗はありません

  •  営業日時や会場へのアクセスについては、当HP内のコンテンツもしくは各イベントHP等をご参照下さい

  • *出店のご依頼、ご相談・販売メニューについて等お気軽にお問い合わせ下さい

Copyright Soma Coffee Kyoto - 杣珈琲 京都 - All Rights Reserved.